May 8, 2014

Hirotton Macaroni という男

こんにちはこんばんは、debolbe の isamu です。
書きたい事が沢山あり過ぎて悩んでしまい、久しぶりの更新です。

この投稿のタイトルを見て "ピンッ" と来た方も居るかと思いますが、
今回は "Hirotton" というナイスな男をご紹介します。



"debolblog" を始めた時から書かねばならないと思い続けていた男です!



肩書きとしては "絵描き人" で、繊細なタッチのイラストを描くアーティスト。

大阪を中心に独自のスタイルで世界中に表現しつづけている skate集団 ‘’Osaka Daggers’’ の流れをくみ、学校を卒業後単身でロンドンに渡り、滞在していた約4年間ではアート活動を中心に様々な プロダクトデザイン や ソロアートショー などを経験。

2012年に日本帰国後もアート活動を続け現在のスタイルを確立した表現者。
Punk、Skateboard に強い影響を受け、その中に生物・自然など身の周りの環境を自分のフィルターに通し、作品に反映させている。



相方である大柴ユウスケとは以前から親交が深く、自分が初めて会ったのはつい最近。

彼を紹介され、彼の絵を見た瞬間にファンになってしまいました。
そんな事からスタジオの看板を描いてもらった次第であります!

更にこの "debolblog" のタイトルに使うイラストも作成してもらいました。
(勝手に手を加えて少々おちゃらけてますが...)





【 debolbe Studio&Warehouse 】の看板です。



スタジオの建物をモチーフに古代魚のアロワナが顔出してます。
今と昔を結びつける debolbe のコンセプトをうまく表現してくれてます。




描き中の "Hirotton" 氏





彼は "PARADOX" という名義で服作りもしていて、彼がドローイングした絵を自らの手で版を作り、インクを調合し、プリント。

彼曰く、"PARADOX" はプロジェクトの一環でブランドでは無いと言う。
実際、学校を卒業後長く住んでいたロンドンにて "PARADOX" 名義の個展などをしていたらしい。



debolbe で立ち上げたオンラインショップ "yett by debolbe" でも "PARADOX" の取り扱いを開始しました!今はまだ少量ですが、これから "yett by debolbe" でしか手に入らない物も考え中なので乞うご期待。

yett by debolbe  >>>  http://yett.debolbe.com





現在、取扱中の商品↓



※ ちなみに "PARADOX" の商品は受注してから彼がプリントするので少々時間がかかります。
ご了承ください。







最近はここ debolbe に来る事も増え、チャリンコを欲しがっているウワサを嗅ぎ付けた周りの友人達協力の元、パーツを集めHirotton仕様のチャリを新調。






たまに作業場と化すスタジオ。Hirotton仕様作成中。



debolbe は何でもござれの自由な空間。







"PARADOX" の ARTWORK ↓
"DRAWING"



"5MIN DRAWING"



"WALL/STREET"



"EXHIBITION"






近日中に "Hirotton" 氏の個展をココ "debolbe Studio&Warehouse" にて開催予定です!
が、まだスケジュールは決まっていません。

決定次第告知しますのでご興味のある方は是非!
(6月末あたりに出来れば良いなぁ〜)







以上 "Hirotton Macaroni" 氏の紹介でした。



PARADOX  >>>  http://p-r-d-x.com